外国為替証拠金取引(FX)をやる面白いところは、単一の金融商品あるがお金を掛ける期間を短い・普通・長いという3つの中からどれをチョイスするかということによって、資本の投下の方策が大きく違うというところにあると言われます。

第一に外貨に対して投入する「長期」について詳しく見てみよう。

長期というものは、一年以上の長期出資が原則とされているものです。

普通は為替のレートで、一年以上先の為替相場は円高だろうか、反対に円安かを考えるということは、普通は無理なはずです。

当然「後の動向は予測できない」というのが普通なのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

見当もつかないことを懸命に考えようにも意味のないことなのです。

そんなわけで、他国の貨幣を買ったとして、価格よりも円高でも少し経てば戻ってくるというポジティブな意識で臨むことが大切です。

為替の差益を積極的に求めることに限定せず別の収益、要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げることを、一番最初の目標ということでお金を預けましょう。

無論、ちょっとの期間で為替変動のマイナスが大きくなることもあります。

外国為替証拠金取引(FX)は、損失がある範囲以上大きくなってしまうと追い証を出さなければならなくなったりそれとも損切りを置く必要があります。

損切りになってしまったらやり取りを終了しなければならず、長期のトレードがストップしてしまいます。

この種のリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてやり取りすることです。

次に中期の投資の場合の売り買いに関してです。

中期の投資の場合、長くても2ヶ月位経った頃を予測しての取引になります。

為替の売買の時、約1ヶ月先のことはある程度、予知できると思われます。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの各国の会議であったりマーケット参加者がどういったところに注視しているかを調べればそれなりに、先読みできると思います。

こんな経済の基礎的条件を見ながらもグラフを見ることでレートの動向を把握できるようになり、買いか売りかを決定するのがいいと思います。

基本的にファンダメンタルズとジャッジのどちらも良い状況であり、または買い傾向が同様であれば、ほとんどその方向に変動すると考えて良いのです。

そうした時はポジションを増やしておけばより多くの利益を手に入れられるのです。

最後に短期トレードのコツです。

ここでの短期スタンスというのはつまりは日計り取引を言っています。

為替市場でデイトレーディングを行う時は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は全然関わりがないと断定していいです。

というのは明日の為替のレートの変動に経済情勢は絡んでいないからです。

この場合一番の重要ポイントは大きい事柄がある場合それに影響して為替レートが大きく動くチャンスを逃さないよう取引することです。

たとえばアメリカ合衆国にて雇用統計が提示されるあるいは金利政策等により金利が変化するくらいのこと。

こういう一瞬の変化をものにするという理由で、短期スタンスは多様な情報が必要になる。