店頭で使う場合に誰しも感じたことがあるのではないかと思うのですがレジのスタッフが慣れていないためどの明細をお客様に対して渡すべきか迷っている時があるかと思います。

というのも、クレジットを決済すると、レジ端末より数枚の明細レシートというものが発行されるためであり、それらのうちどの明細を利用者に対して差し出すのかわかりにくいという話です。

3枚の利用明細について>それではこの3組綴りの利用明細の正体とはとはいかなるものなのかというのは、下記の通りとなります。

1利用者に渡す用の使用レシート。

2店舗控え用の使用レシート。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

3カード会社控え用の使用明細(署名を書くレシート)。

通常であれば絶対利用者の方に渡すべき使用明細を渡されるものですが、時々、店舗控えレシートを利用者側へ誤って渡してしまった場合であったり、署名をした方の利用レシート自体を渡すというような事例なども存在するのです。

このようなパターンは時間給の担当者の場合やクレジットカードが使われるケースの少ない店頭の会計においてクレカを使おうとすると、こういったレジ担当者の戸惑いが垣間見ることが出来るでしょう。

いつの日か店舗スタッフが誤った方の利用明細というものを渡してきた場合は、怒りを抑えて「これは違いますよ」などと教育してください。