自分の為だと思った時に、まず睡眠方法やその寝る時間などにとてもこだわっていた時期がありました。

仕事が早朝からだったので、普通のサラリーマンすらその時間には寝ないであろう、夜の8時には就寝をするために夕飯や入浴などを済まして家族の誰よりも布団に入る時間が早く、朝も誰よりも早く起きるので時々家族が夜更かししているとこれから寝る家族と私が起きる時間が重なったりしていました。

しかし、その頃は若さもあったので今同じことを出来るかと言われたら難しいかもしれませんが、お肌のツヤも良く、あまりこれといってダイエットなどをしてはいませんでしたが食事も夕飯は控えめにするなどの管理はしていたので体調が良い状態でした。

休みの日もそのクセ早く起きてしまうのですが、一度眠りに入ると朝まで起きずに6時間くらいは熟睡をしているので、足りないと感じることはなく、逆に長時間の睡眠だとあまり活動していないうえに眠りも浅くなるのでせいぜい7時間程度までと決めています。

眠りは量でなく、質だと思いますが、部屋を暗くして布団に入って自然と眠りに入れるようならば眠れていると感じられるようであれば良い眠りをとっていると言えます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ